ニキビ跡とレーザー治療

紫色に残ってしまったニキビ跡

ニキビは白ニキビを初期症状として黒ニキビへと進行して行きます。
この段階での治療を行えばニキビ跡が残ることは殆ど無く治っていきます。

しかし、炎症を起こして赤ニキビになり更に悪化すると紫ニキビになります。
紫ニキビの原因は化膿したした部分に血液が混ざり合って盛り上がっている状態です。

この状態でニキビが潰れるとニキビ跡が大きくなったり
火傷跡の様な状態になってしまいます。

悪化したニキビ跡のレーザー治療方法として複数の方法がありますが、
この場合は炭酸ガスレーザーを使った治療が効果的です。

炭酸ガスレーザーは皮膚に小さな穴を開けて原因となっている
膿や皮脂を外へ出し、更に繁殖している細菌を殺す効果もあります。

ダウンタイムが少なく体への負担も軽く済み、2〜3日程度で治ります。
この他にはPDT(フォトダイナミックセラピー)と呼ばれる
光治療器を使った治療方法もあります。

紫ニキビを潰すとニキビ跡や残ったり茶色のシミのような状態に
なってしまいますので、潰さずに早急にニキビ治療専門の
皮膚科や美容外科等の医師による治療を受けるようにしましょう。

designed by SPICA

1/1 motto
ニキビ跡にはレーザー治療で改善を!!