ニキビ跡とレーザー治療

ケミカルピーリング

ニキビ跡の改善には、レーザーやケミカルピーリングなどの治療法があります。
ニキビ跡の種類に合わせて治療法を組み合わせることもあります。

赤みがかっている

赤みがでているニキビ跡には、レーザーを用いた治療を行うことがあります。
ニキビができて6ヶ月以内であれば、赤みに吸収される波長を
照射できるレーザーを使用します。


6ヶ月から1年以上経過している場合には、コラーゲン生成を促すレーザーを照射します。

デコボコしているタイプには、さらにケミカルピーリングや
コラーゲン注入を組み合わせて行うことで、改善していきます。


レーザーの種類によっては、アクネ桿菌や皮脂腺を破壊することで
改善・再発を抑えるものや痛みやダウンタイムがなく、
治療後にすぐにメイクできるものもあります。

帰宅後

ニキビ治療をうけた際にメイクをしてもいいかとても悩みます。
もちろん化粧をしない方がいいのですが、会社勤めなど
しないわけにはいかない状況って沢山あります。


そんな時は、帰宅後のスキンケアを丁寧に行うことを心がけましょう。
洗顔をきちんとすることで肌の隙間に入り込んだ脂質や汚れを
きれいにとることで、肌への負担を取り戻すことができます。


その後は化粧水できちんと肌をい滑らかに整えましょう。

汚れをきちんと落とすってとても大切です。
化粧は毎日の積み重ね。
毎日、キチンとリセットすることで、肌はキレイに保たれます。


忙しい毎日。ついつい寝てしまって朝の自分の肌にがっかりなんてこと失くしたいものです。
ちょっとしたことを気をつけるだけで肌は驚くほど美しくなります。

designed by SPICA

1/1 motto
ニキビ跡にはレーザー治療で改善を!!